メンタルヘルスマネジメント検定3種のお勉強09 過重労働とメンタルヘルス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メンタルヘルスマネジメント検定3種の要点9回目のはじめに

メンタルヘルスケアを進めるために、事業者の安全配慮義務と従業員の自己保健義務があります。特に自己保健義務の内容や心身の不調の早期発見、早期対処の重要性を理解しましょう。

過重労働がメンタルヘルスに与える影響

過重労働がどのようにして従業員の健康を害するかについては、どのステップに関しても科学的には解明されていません

しかし過重労働は睡眠不足を招き、心身両面に健康障害を発生させやすくなることは分かっています。従業員の身体的側面の健康管理だけではなく、過重労働などの心理的側面についても適切な予防活動が重要となります。

 

過重労働が与える影響

過重労働により帰宅時間が遅くなることで、睡眠不足を招きます。この状態が継続すると疲労が蓄積されていきます。

さらに疲労が蓄積すると、過度の体力消耗を招き、心理的疲労感も増していきます。この状態から抜け出せずにいると、心身両面に健康障害が現れてしまいます。

 

健康障害のメカニズムについて

近年の従業員の健康状態については、健康診断時に何らかの異常所見が指摘される割合は毎年増加傾向にあり、2011年には52.7%となっています。また、異常所見の中では高脂血症が最も高くなっています。

 

長時間労働による健康障害のメカニズム

長時間労働による負荷が恒常的になると、自律神経系や内分泌系への刺激も恒常的なものとなります。これにより、交感神経が活性化され、アドレナリンやノルアドレナリンの分泌も盛んになります。この状態が継続すると、代謝のバランスに変調をきたし、血圧上昇や高血糖状態を招きます。

また、生活も不規則となりがちになり、ストレスなどから喫煙の増加、飲酒の増加、食べすぎの傾向や運動不足などの状態になります。

これらの要因が重なると、脂質異常症や動脈硬化、糖尿病や心疾患などの健康障害を発症または増悪させることとなります。

 

事業者の安全配慮義務について

事業者は、従業員の安全と健康を守らなければならず、その責任を果たすための義務として安全配慮義務(健康配慮義務)があります。

安全配慮義務に関しては、2008年3月に労働契約法が施行されたことで初めて明文化されました。

「労働者の安全への配慮」として、「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする」とされています。(労働契約法第5条)

 

従業員の自己保健義務

従業員の安全と健康は、事業者による安全配慮義務だけでは達成できません。従業員自らも安全と健康に対して様々な義務を果たす必要があります。このことを自己保健義務といい、労働安全衛生法第4条にも「労働災害防止義務」として示されています。

 

労働安全衛生法に規定されている労働者の義務

労働災害防止義務

労働者は、労働災害を防止するために必要な事項を守るため、事業者その他の関係者が実施する労働災害の防止に関する措置に協力するように努めなければなりません。

健康診断の受診義務

労働者は、通知された健康診断の結果及び保健指導を利用して、健康の保持増進に努めなければなりません。

健康の保持増進義務

労働者は、事業者が講ずる措置を利用して、健康の保持増進に努めなくてはなりません。

 

心身の不調への早期対処の重要性

心身の不調の原因について、過去に自分で解決できた経験があれば、その経験を活かすことができます。しかし自分の力では対処しきれないストレスや相談事は周囲の協力を得ることが大切です。必要に応じて解決のための優先順位の判断を相談しましょう。

事業場内システムによる早期対処

  1. 産業保健スタッフ:産業保健スタッフを選任し、健康診断と保健指導を適切に行います。
  2. 医師一定時間以上の時間外労働や休日労働を行った労働者に対して面接指導を行います。
  3. 管理監督者:労働者の安全と健康を確保する義務があり、労働者の体調不良に気づくことが求められます。

 

スポンサーリンク

1 2 3 4 5

会社の"本気"を後押しする 過重労働防止の実務対応

会社の"本気"を後押しする 過重労働防止の実務対応
¥ 2,700
ASIN: 4433658871
清文社

過重労働・ハラスメント訴訟 (【企業訴訟実務問題シリーズ】)

過重労働・ハラスメント訴訟 (【企業訴訟実務問題シリーズ】)
¥ 2,700
ASIN: 4502276413
中央経済社

過重労働対策・面接指導のQ&A100 増補改訂 (How to 産業保健9)

過重労働対策・面接指導のQ&A100 増補改訂 (How to 産業保健9)
¥ 1,944
ASIN: 4915947599
産業医学振興財団

過重労働防止の基本と実務

過重労働防止の基本と実務
¥ 2,808
ASIN: 4502270512
中央経済社

裁判例が示す労働問題の解決―メンタルヘルス・非正規雇用・過重労働・成果実義・リストラ・転職 (最新労働基準判例解説第3集)

裁判例が示す労働問題の解決―メンタルヘルス・非正規雇用・過重労働・成果実義・リストラ・転職 (最新労働基準判例解説第3集)
¥ 2,160
ASIN: 4889680918
日本労務研究会

過重労働の防止―労働時間管理と健康管理 (全訂 人事・労務管理シリーズ)

過重労働の防止―労働時間管理と健康管理 (全訂 人事・労務管理シリーズ)
¥ 2,808
ASIN: 4863191596
労働調査会

カトク 過重労働撲滅特別対策班 (文春文庫)

カトク 過重労働撲滅特別対策班 (文春文庫)
¥ 864
ASIN: 4167911043
文藝春秋

医師の過重労働―小児科医療の現場から

医師の過重労働―小児科医療の現場から
¥ 2,700
ASIN: 4326700645
勁草書房

過重労働と健康管理―よくわかるQ&A100

過重労働と健康管理―よくわかるQ&A100
¥ 20,236
ASIN: 4805911557
中央労働災害防止協会

過重労働対策 (実践産業医活動テキスト)

過重労働対策 (実践産業医活動テキスト)
ASIN: 4915947327
産業医学振興財団

1 2 3 4 5

CS Shop

SNSでもご購読できます。

Translate this page

カテゴリー

おススメのページ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。