メンタルヘルスマネジメント検定2種のお勉強31 専門家との連携と危機対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メンタルヘルスマネジメント検定2種の要点31回目のはじめに

メンタルヘルス問題を解決するにあたって、専門家との連携が必要な場合があります。連携するポイントを理解することで、様々な問題や危機に直面したときの対応を理解する必要があります。

専門家との連携連携のポイント

連携先と連携のポイント
相談先ポイント
事業場内産業保健スタッフ等・事業場内産業保健スタッフ(産業医、保健師、看護師、衛生管理者等)
・人事労務スタッフ
・精神科医、臨床心理士など
・管理監督者がメンタルヘルス不調とみられる従業員から相談を受け、手に余る場合に相談する
・専門医に行かせることが困難な場合には管理監督者が相談に行き、対応についての助言を得る
医療機関・精神科
・メンタルクリニック
・心療内科
・主治医に治療の見通しや職場での取り扱いについて助言を得る場合は本人の同意を得て主治医に伝える
・主治医に面会の予約を取った上で、本人と同伴で話を聞きに行く
事業場外資源・保健師
・精神保健福祉センター
・産業保健福祉センター
・地域産業保健センター
・メンタルヘルス対策支援センター
・事業場内に管理監督者が相談できる専門家がいなければ積極的に活用する
・精神保健福祉センター以外は精神科医療の専門家がいない場合が多いため、事前に確認をしておく

 

自殺者の多くにうつ病の症状が見られます

自殺のサインとして、うつ病の症状が挙げられます。同時にその他の自殺の危険性が高い兆候を見逃さないよう、注意をしましょう。

自殺の危険(兆候)がみられる従業員への対処の基本方針

  1. 1日でも(可及的速やかに)早く精神科・心療内科を受診させること
  2. 受診までの間、本人をひとりにしないこと
  3. 診察の医師に自殺の危険を察知して受診した旨を伝えること
  4. 職場で兆候がみられる従業員がいる場合、家族に職場へ来てもらい、事情を説明することひとりで帰宅させない

万が一自殺が発生してしまった場合は、人事労務管理スタッフや産業保健スタッフと連携し、対応について話し合う必要があります。遺体の発見者や自殺者と親密だったひとや、自殺に責任を感じているひと、そして遺族には特に適切な対応とケアが必要です。

 

躁状態では気分が高揚し、活動性が高まることもあります

うつ状態とは逆に、躁状態がみられることもあります。躁状態は数週間から数か月続くこともあり、周囲からの叱責や注意にも反発して問題行動を改めることをしないこともあり、服薬を中心とした治療が必要となります。

 

幻覚妄想状態の時には、早急に精神科・心療内科を受診させる必要があります

幻覚妄想状態では、常な判断力を失い、事故を起こす危険が高まります。

対処の基本方針

  1. 本人が拒否した場合は、家族に連絡を取り、受診の必要性を理解してもらう必要があります。本人の了解が得られなくとも、家族との連絡を取ることは法律上可能です。
  2. 本人が治療を拒否した場合でも、家族の同意が得られれば、精神保健福祉法による医療保護入院が可能です。
  3. 家族の理解や協力も得られない場合は、保健所に相談する方法もあります。
躁状態の主な症状
症状具体例
気分の高揚幸せな気分、陽気
開放的、社交的見ず知らずの人に気軽に話しかける、古い友人に接触する
易怒性ちょっとしたことですぐ怒る
睡眠欲求の減退眠くならない、眠らなくても疲れた気がしない
会話心迫多弁、声が大きい、早口、しゃべりだしたら止まらない
概念奔逸、注意散漫話題があちこちに飛ぶ、関心の対象が次々と変わる
見境のない熱中相手の迷惑を考えずに夜中や早朝に電話をする、非常識な目標を達成知るための行動に熱中する
楽天的、軽率な判断危険な投資や事業を始める、不要なものや高価なものを購入する、性的に逸脱した行動をとる

 

個人情報への配慮

  1. メンタルヘルス不調に関わる個人情報を他の者へ伝える時は、原則として本人の了解を得る必要があります。
  2. 自殺のサインが認められる場合、自殺の防止をするために、本人の了解がなくとも必要な関係者へ伝えることも可能です。

スポンサーリンク

1 2 3 4 5

精神疾患にかかわる人が最初に読む本

精神疾患にかかわる人が最初に読む本
¥ 1,728
ASIN: 4796524487
照林社

精神疾患・メンタルヘルスガイドブック: DSM-5から生活指針まで

精神疾患・メンタルヘルスガイドブック: DSM-5から生活指針まで
¥ 3,780
ASIN: 4260028235
医学書院

ケアマネ・福祉職のための精神疾患ガイド

ケアマネ・福祉職のための精神疾患ガイド
¥ 2,592
ASIN: 4805854421
中央法規出版

精神神経疾患ビジュアルブック (ビジュアルブックシリーズ)

精神神経疾患ビジュアルブック (ビジュアルブックシリーズ)
¥ 3,888
ASIN: 4780911605
学研プラス

精神疾患 (角川ソフィア文庫)

精神疾患 (角川ソフィア文庫)
¥ 907
ASIN: 4044003777
KADOKAWA

DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引

DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引
¥ 4,860
ASIN: 4260019082
医学書院

精神診療プラチナマニュアル

精神診療プラチナマニュアル
¥ 2,160
ASIN: 4815701156
メディカルサイエンスインターナショナル

最新図解 やさしくわかる精神医学 (4816362681)

最新図解 やさしくわかる精神医学 (4816362681)
¥ 1,944
ASIN: 4816362681
ナツメ社

今日の精神疾患治療指針 第2版

今日の精神疾患治療指針 第2版
¥ 15,120
ASIN: 4260024841
医学書院

精神科の薬がわかる本 第3版

精神科の薬がわかる本 第3版
¥ 2,160
ASIN: 4260021087
医学書院

1 2 3 4 5

CS Shop

SNSでもご購読できます。

Translate this page

カテゴリー

おススメのページ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。