メンタルヘルスマネジメント検定2種のお勉強18 時間外労働とその他のストレス要因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メンタルヘルスマネジメント検定2種の要点18回目のはじめに

時間外労働による精神的疲労の兆候を把握することはとても重要です。そして時間外労働による精神的疲労以外のストレス要因も把握しておく必要があります。

長時間労働などによる精神的疲労の兆候

長時間労働による精神的疲労からおきるメンタルヘルス不調のうち、最も多くを占める症状がうつ病です。

メンタルヘルス不調を発症するストレス要因としては、長時間労働以外にも様々なものがあります。

メンタルヘルス不調を発症するストレス要因としては、長時間労働による以外に下の図のようなものがあります。これらのストレス要因は、うつ病などのメンタルヘルス不調を引き起こすリスクが高くなります。

 

職場でみられるストレス要因の例
ストレス要因体験や状況の例注意すべき点
自信を失う体験・新しい担当業務がうまくいかない
・仕事上で大きな失敗をする
・上司からの評価が良くない
・昇進が遅れる
・左遷と思われる人事異動を命ぜられた
・上司から「能力がない」といった叱責をたびたび受ける
社会的に糾弾される立場・社会的に重大な事件や事故の責任を追及される
・世間から厳しい批判を受ける
自殺に至る危険性もある
孤立無援の状況・一人で海外などの遠隔地で困難な業務を遂行する
・一人で長期間取引先に常駐して業務を遂行する
・職場で孤立する
自殺に至る危険性もある

 

仕事以外のストレス要因

メンタルヘルスの不調は、仕事以外の要因でも起きることがあります。

喪失体験によるメンタルヘルス不調の多くは、やはりうつ病を発症します。

仕事以外のストレス要因
ストレス要因状況
喪失体験引っ越し・家族の死・子供の独立・離婚・失恋・体力の衰え・能力の衰え など
家庭や家族自分自身の重い病気やケガ・家族の死亡や重い病気・多額の財産の損失 など
責任の増大自分自身の結婚・自分自身または配偶者の出産 など

 

ストレス要因がみられる従業員への対応

従業員のストレスに対して、管理監督者としては下の図に示すような対応が求められます。

上司の取るべき対応
ストレス上司の取るべき対応
メンタルヘルス不調の発病につながる恐れがある場合・ストレス要因を極力職場から排除する
・注意深く様子を観察して声をかけるなど心身の健康状態を確認する
メンタルヘルス不調につながる恐れはない場合あるいはストレスが私生活での出来事の場合・さり気なく心身の状態を聞く
・無理のない範囲で注意を向ける
ストレス要因は認められないものの勤務態度や言動に変化がみられる場合必ず声をかけ、心身の状態を確認する

 

スポンサーリンク

検索条件に該当する商品はありませんでした。

アダルト

カテゴリ全体

ベビー・キッズ・マタニティ

カテゴリ全体

自転車・車・バイク

カテゴリ全体

本・雑誌・コミック

カテゴリ全体

CD・DVD

カテゴリ全体

コスメ・美容・香水

カテゴリ全体

日用品・文具

カテゴリ全体

ファッション

カテゴリ全体

フラワー・ガーデン

カテゴリ全体

フード・ドリンク

カテゴリ全体

家具・インテリア

カテゴリ全体

健康・医療・介護

カテゴリ全体

趣味・楽器

カテゴリ全体

住宅・DIY

カテゴリ全体

家電・AV機器・カメラ

カテゴリ全体

アウトドア・レジャー

カテゴリ全体

パソコン・モバイル

カテゴリ全体

ペット用品

カテゴリ全体

スポーツ

カテゴリ全体

食器・キッチン用品

カテゴリ全体

おもちゃ・ゲーム

カテゴリ全体

旅行

カテゴリ全体

CS Shop

SNSでもご購読できます。

Translate this page

おススメのページ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。