メンタルヘルスマネジメント検定2種のお勉強03 メンタルヘルスケアの推進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メンタルヘルスマネジメント検定2種の要点3回目のはじめに

メンタルヘルスケアを適切に進めるためには、基本的な考え方や、具体的な進め方の理解が必要です。「労働者の心の健康の保持増進のための指針」の内容をしっかり踏まえておく必要があります。

 

労働者の心の健康の保持増進のための指針へのリンク

 

メンタルヘルスケアの基本的な考え方

心の健康づくりは、セルフケアの必要性を認識することが非常に重要です。セルフケアとは、従業員自身がストレスに気が付き、対処することにあります。

しかし、従業員自身で取り除くことが困難なたくさんのストレス要因が職場には存在します。従業員のセルフケアと共に、事業者の行うメンタルヘルスケアの推進が重要となります。

メンタルヘルスケアを積極的に推進するための重要事項の説明

  1. 経営トップによる積極的な推進をする旨を表明すること
  2. 衛生委員会等での調査審議をすること (衛生委員会または安全衛生委員会)
  3. セルフケア」「ラインによるケア」「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」「事業場外資源によるケア」の4つのケアの継続的、計画的な実施をすること
メンタルヘルスケアの推進にあたっての留意事項
心の健康問題の特性・客観的な測定方法が十分確立していない
・心の健康問題の発生過程には個人差が大きい
・心の健康問題を抱える従業員に対して心の健康以外の観点から評価が行われる傾向がある
・心の健康問題についての誤解や偏見がある。
全ての従業員に関わる問題です。
個人情報保護への配慮・従業員のプライバシーを保護する。
・従業員の意思を尊重する
従業員が安心して心の健康づくり参加することができ、効果的に推進されるための条件となります。
人事労務管理との関係・従業員の心の健康は、人事労務管理に関係する要因によって大きな影響を受けるメンタルヘルスケアは、人事労務管理と連携しなければ、進まない場合が多いです。
家庭、個人生活等職場以外の問題・心の健康は家庭、個人生活など職場以外の問題の影響を受けている場合も多い。
・性格上の要因なども心の健康に影響を与える。
職場以外の問題が複雑に関係し、相互に影響しあいます。

 

ラインによるケアの具体的な進め方

管理監督者に対して教育研修・情報提供を行う

管理監督者を含むすべての従業員に対してセルフケアを促進するための教育研修や情報提供が必要です。ラインによるケアを促進するために、管理監督者に対しての教育研修や情報提供を行う必要もあります。

厚生労働省による「労働者の心の健康の保持増進のための指針」では、4つのケアが適切に実施されるために、事業者に対してメンタルヘルスケアの推進に関する教育研修や情報提供を行うよう、努めることとしています。

労働者及び監督者への教育研修や情報提供の項目
労働者への教育研修や情報提供1.メンタルヘルスケアに関する事業場の方針
2.ストレス及びメンタルヘルスケアに関する基礎知識
3.セルフケアの重要性および心の健康問題に対する正しい態度
4.ストレスへの気づき方
5.ストレスの予防、軽減及びストレスへの対処方法
6.自発的な相談の有用性
7.事業場内の相談先及び事業場外資源に関する情報
管理監督者への教育研修や情報提供1.メンタルヘルスケアに関する事業場の方針
2.職場でメンタルヘルスケアを行う意義
3.ストレス及びメンタルヘルスケアに関する基礎知識
4.管理監督者の役割及び改善の方法
5.職場環境等の評価及び改善方法
6.労働者からの相談対応
7.心の健康問題によって休業した者の職場復帰支援の方法
8.事業場内産業保健スタッフとの連携方法と事業場外資源との連携方法
9.セルフケアの方法
10.事業場内の相談先及び事業場外資源に関する情報
11.健康情報を含む労働者の個人情報保護について

 

職場環境等の把握と改善

職場環境等の評価を行い、職場環境等の問題を把握する必要があります。

  1. 管理監督者自身が日常の職場管理や、従業員の意見を聞いて把握すること
  2. 事業場内産業保健スタッフ等によるストレス調査から把握すること

職場環境等の改善には以下のようなものがあります。

  1. 事業場内産業保健スタッフ等が管理監督者に対して改善を助言すること
  2. 個々の従業員の能力や個性に配慮すること
  3. 従業員の意見を踏まえて、従業員自らが参加して改善活動を行うこと

 

メンタルヘルス不調への気づきの促進と相談対応

従業員による自発的な相談とセルフチェックを促進する必要があります。そのためにも従業員自らが相談できるような環境整備を行う必要があります。

 

また管理監督者や事業場内産業保健スタッフは、以下の従業員に対して相談対応などを行う必要があります。

  1. 長時間労働による疲労の蓄積が認められる従業員
  2. 強度の心理的負荷を伴う出来事を体験した従業員
  3. その他個別に配慮を必要とする従業員

 

従業員個人のメンタルヘルス不調を把握する際の留意点は下記のとおりです。

  1. 健康情報保護の観点から従業員本人の同意を得て実施すること
  2. 専門的知識を持つ者による面談を実施すること
  3. 医師の指導などの事後処置を適切に実施できる体制の整備をすること

 

従業員の家族による気づきや支援の促進をすることも必要で、項目は下記のとおりです。

  1. 従業員の家族に対して、メンタルヘルスに関する基礎知識や相談窓口などの情報を提供すること
  2. 従業員に対して家族からの相談があった場合の窓口を提供すること

 

小規模事業場に推奨されるメンタルヘルスケアの取り組み

  1. 事業場内産業保健スタッフが確保できない場合が多いため、衛生推進者または安全衛生推進者をメンタルヘルス推進担当者として選任すること
  2. 地域産業保健センターなどの事業場外資源を積極的に活用すること

スポンサーリンク

1 2 3 4 .. 234

メンタルヘルス経営学

メンタルヘルス経営学
1,728 円
著者名:山崎 友丈 著,日向寺 治彦 著 内容説明:一人ひとりの心の健康づくりが、企業パフォーマンスの最大化につながる。企業におけるメンタルヘルスの今日的課題を指摘し、経営的視野を入れたメンタルヘルスの方向性を示す。【「TRC MARC」の商品解説】[読者対象]経営者..

ハンドブック働くもののメンタルヘルス

ハンドブック働くもののメンタルヘルス
2,160 円
著者名:働くもののいのちと健康を守る全国センター 編 内容説明:こころの病気の正しい知識と賢い医者へのかかり方や、職場復帰とその支援をどうすすめるか、メンタルヘルス対策と労働組合の役割、大災害時に働く人びとのメンタルヘルスなどを解説。メンタルヘルス疾患に使..

メンタルヘルスを学ぶ

メンタルヘルスを学ぶ
2,592 円
著者名:村井 俊哉 編著,森本 恵子 編著,石井 信子 編著 内容説明:メンタルヘルスを、精神医学・内科学・心理学の視点から説明するほか、職場のメンタルヘルスと、実践的なメンタルヘルスケア対策について解説する。自分のメンタルヘルスへの気づきを促す書き込み式のワー..

金融機関のメンタルヘルス

金融機関のメンタルヘルス
1,944 円
著者名:涌井 美和子 編著 内容説明:不況に負けない“攻め”のメンタルヘルスとは。「ストレスに強くなる」「メンタルヘルスを良好に保てるようにコントロールする」という視点でメンタルヘルス対策を考える。大阪信用金庫の取組みなども紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

ポジティブメンタルヘルス いきいき職場づくりへのアプローチ

ポジティブメンタルヘルス いきいき職場づくりへのアプローチ
2,992 円
職場におけるメンタルヘルス対策の新しい潮流として注目されている 「ポジティブメンタルヘルス」について、 その考え方と具体的な方法を紹介した入門書である。

メンタルヘルスに手を出すな!! 「本格メンタルヘルス」時代の次世代人事戦略

メンタルヘルスに手を出すな!! 「本格メンタルヘルス」時代の次世代人事戦略
1,944 円
「職場のメンタルヘルス」は対症療法的なアプローチだけでは解決できない、筆者が実際に関与したメンタルヘルス対策先進企業の実例、多くの人事担当者とのディスカッション、研修、ワークショップの『現場』から生まれた考えを満載。

今日のメンタルヘルス

今日のメンタルヘルス
2,700 円
メンタルヘルス(=人の心の健康)を支える力は、ライフサイクルの中で養われ、人と人とのネットワークの中で維持されるものである。本書は、そのような健康な力を育むメカニズムを学ぶとともに、破綻の結果として生じる精神疾患のあらましを知り、生活の場において生じるさ..

「職場のメンタルヘルス」を強化する

「職場のメンタルヘルス」を強化する
1,728 円
著者名:吉野 聡 著 内容説明:労働時間を削減しても、メンタルヘルスは向上しない。従業員が生き生きと働き、成果を上げる職場にするために不可欠な「予防・成長型メンタルヘルス対策」を、精神科を中心とする産業医経験をもとに詳細に解説する。【「TRC MARC」の商品解説..

子供と大人のメンタルヘルスがわかる本

子供と大人のメンタルヘルスがわかる本
1,512 円
著者名:十一 元三 著 内容説明:互いに関与していることが多い、子供と大人のメンタルヘルス。日常生活に直結する精神と行動の異変を中心に、理解のポイントを40項目にまとめて解説する。チェック問題と解答、コラムも掲載。【「TRC MARC」の商品解説】【学校精神保健の..

製造現場のためのメンタルヘルス

製造現場のためのメンタルヘルス
1,944 円
著者名:鈴木 安名 著 内容説明:職場のメンタルヘルスは、個人の問題にとどまらず、会社の収益に影響を及ぼす大問題。産業医学の立場から、ライン生産・品質管理に尽力する人へおくる、正しい理解から症状と種類等をまとめたメンタルヘルスのマニュアル本。【「TRC MARC」..

1 2 3 4 .. 234

CS Shop

SNSでもご購読できます。

Translate this page

おススメのページ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。