電験3種「理論」のポイント その10 オームの法則と合成抵抗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

電験3種「理論」のお勉強10回目のテーマは「オームの法則と合成抵抗」です。

 

オームの法則

オームの法則の公式は $$V=I・R [V]$$です。
電圧が高いほど電流が大きくなり、電圧が一定のとき、抵抗が大きいほど電流は小さくなります。

 

直列の合成抵抗

抵抗がn個の直列合成抵抗の値は R = R1 + R2 + ・・・+ Rn [Ω]となります。
直列合成抵抗は、各抵抗値の「和」となります。

 

並列の合成抵抗

抵抗がn個の並列合成抵抗の値は $$R=\frac{1}{\frac{1}{R1}+\frac{1}{R2} + ・・・+ \frac{1}{Rn}} [Ω]$$となります。
並列合成抵抗は、2個の抵抗の場合「和分の積」3個以上は各抵抗の「逆数の和のさらに逆数」となります。

 

分圧の式

分圧を求める式(抵抗Rが2個の場合)は $$V1=\frac{V・R1}{R1+R2}$$、 $$V2=\frac{V・R2}{R1+R2}$$となります。
分圧は、全体の電圧Vを抵抗の比で比例分配します。

 

分流の式

分流を求める式(抵抗Rが2個の場合)は $$I1=\frac{I・R2}{R1+R2}$$、 $$I2=\frac{I・R1}{R1+R2}$$となります。
分圧は、全体の電圧Iを抵抗の比で逆比例分配します。

 

導体の抵抗

導体の抵抗を求める式は $$R=\frac{ρ・L}{S} [Ω]$$となります。
抵抗率ρの逆数は、導電率σとなって $$R=\frac{L}{σ・S} [Ω]$$で表すことができます。

[ad#co-1]

検索条件に該当する商品はありませんでした。

アダルト

カテゴリ全体

ベビー・キッズ・マタニティ

カテゴリ全体

自転車・車・バイク

カテゴリ全体

本・雑誌・コミック

カテゴリ全体

CD・DVD

カテゴリ全体

コスメ・美容・香水

カテゴリ全体

日用品・文具

カテゴリ全体

ファッション

カテゴリ全体

フラワー・ガーデン

カテゴリ全体

フード・ドリンク

カテゴリ全体

家具・インテリア

カテゴリ全体

健康・医療・介護

カテゴリ全体

趣味・楽器

カテゴリ全体

住宅・DIY

カテゴリ全体

家電・AV機器・カメラ

カテゴリ全体

アウトドア・レジャー

カテゴリ全体

パソコン・モバイル

カテゴリ全体

ペット用品

カテゴリ全体

スポーツ

カテゴリ全体

食器・キッチン用品

カテゴリ全体

おもちゃ・ゲーム

カテゴリ全体

旅行

カテゴリ全体

CS Shop
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate this page

おススメのページ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。