ベルソムラの恐るべき副作用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私はうつ病を患って以来、睡眠薬を常用していますが、これまでハルシオン、マイスリーを服用し、2015年の秋頃よりベルソムラという薬を使うようになりました。

 

ハルシオンやマイスリーは寝つきを良くしてくれる作用がありますが、中途覚醒をしてしまうとその後寝付けなくなる事で悩んでいました。

 

主治医に相談したところ、現在のベルソムラに変更となりましたが、この薬は寝つきの改善と睡眠の持続の両方に効果があるということで、飲み始めた当初はとても良い薬だと思っていました。

 

しかし、最近では副作用の恐ろしさが身にしみてきましたので、書き残しておきたいと思います。

 

まず最初に自覚した副作用は、睡眠中に夢でうなされることでした。

睡眠薬を服用するようになってから、睡眠中に夢を見るような感覚が無くなったのですが、服用を始めて1年を過ぎた辺りから酷い夢を見る機会が増えました。

悪夢といっても良いほどの酷い夢を見る頻度も少しずつ増えている気がします。

 

次に、飲酒が止められなくなる症状が出てきました。

 

何度か機会飲酒があったのですが、1度飲み始めると、自分の意思で飲酒をストップ出来ないのです。

目の前からお酒がなくなるか、嘔吐するまでひたすら止められないのです。お酒絡みのトラブルもあり、アルコールに溺れてしまうと危機感を抱き、今ではお酒に近寄らなくなりました。

 

もうひとつ深刻な副作用としては、以前にはなかった「死にたい」と思う気持ちが現れて、その思いが時に強くなる事です。

このままその思いが増幅してしまい、自分を止める事が出来なくなってしまったら…急に命を絶ってしまう可能性もありそうです。

[amazonjs asin=”B01N9QJ2Z3″ locale=”JP” title=”リラックス ぐっすり サプリメント 【メンタルクリア】 (1個)”]

私はベルソムラを服用し始めてから1年半が過ぎようとしていますが、最近になってやっと薬の添付文書を真面目に読みました。

 

すると、上に書いたような副作用が見事に挙げられていました。

 

薬を服用する前にはきちんと添付文書を確認しておかないと危ないですね…。

 

ちなみに上に挙げたような副作用が見られる場合には、薬の服用を中止するように記載がありますが、睡眠薬効き目としてちょうど良く感じているので、このまま服用を継続します。

 

何かの間違いで自ら命を絶ってしまったとしても特に悔いる事もないので、それでも仕方ないと思うところです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate this page

カテゴリー

おススメのページ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。