うつ病の治療経過 2017年1月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2017年に入って初の心療内科通院をしてきました。

 

最近では通院頻度も1ヶ月に一度にまで減ってきました。

 

うつを患ってから4年と数ヶ月が過ぎましたが、ここ1年くらいでようやく緩やかに回復してきたのだと、最近になってやっと実感できるようになってきました。

治療を開始してから3年ほど、状態が良くなったり悪くなったり、薬も増えたり減ったり、種類や組み合わせが定まらないでいました。

 

なかなか状態が安定せず、治療の方向性も定まらない時期が長く続いてしまったことも、私のうつ病治療が長期化している原因だろうと思います。改めて自分に合う薬や治療の方向性を見つけることの重要性を実感しました。

 

それに失敗すると長期的に病を引きずってしまうし、下手をすれば合わない薬や治療法がもとで新たな症状を引き起こしてしまうこともあるでしょう。

 

うつの治療に臨まれる方は、早期から診察の際に主治医にできるだけ詳しい話をするべきです。

 

もしあなたの話を聞こうとしない主治医なら、思い切って病院を変える必要もあるかも知れません。

[amazonjs asin=”4062884151″ locale=”JP” title=”新版 うつ病をなおす (講談社現代新書)”]

 

さて、話が脱線してしまいましたが、今回の通院によって投薬が一段軽いものになりました。

朝服用しているサインバルタカプセルが20mgを2個から30mgを1個に変更となりました。

 

ちなみにサインバルタ30mgのカプセルはこのようなものです。少し可愛らしいパッケージです。

これで服用している薬は「サインバルタ30mg 1個」と「ベルソムラ20mg 1個」となりました。

断薬まであと少し。頑張り過ぎないように日々努力を継続していきます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate this page

カテゴリー

おススメのページ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。