電験3種奪取プロジェクト 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先月から勤務を開始した会社での業務に必要な知識として、電気工事施工管理技士やエネルギー管理士などの資格があり、勤務を継続させてもらえる場合には将来的に取得していきたいと考えているのですが、これらの資格試験の受験には実務経験の証明が必要かつ、現時点で私は契約社員の身分であり、契約を延長して勤務を継続できるかは会社との交渉によるので、先が見通せません。

 

しかし、今後の事を考えれば何らかの準備をしておいて損はないだろうという事で、出題内容など被る部分も多いといわれる電験3種取得を目指すことにしました。

[amazonjs asin=”B00WZBPKRU” locale=”JP” title=”ホーザン(HOZAN) 電気工事士技能試験工具セット P-958VVFストリッパー P-737リングスリーブ用圧着工具入組 DK-18″]

電験3種は超難関資格という訳では決してありませんが、そう簡単に取得できるものでもない事は知られています。

私も来年の受験に照準を合わせてこの12月より対策開始しました。、今回は今までに行ってきた内容をお話したいと思います。

 

あくまで目標は3年以内に電験3種のすべての科目に合格する事を目指していますので、じっくりとしたスタンスです。

 

まず今月の目標は、理論、電力、機械、法規の4科目について、どのような知識が必要となるのかをざっくりとテキストを読んで把握する事にしました。

 

最初に求められるものの全体像を掴んでおく事は非常に重要な事であると考えるからです。

 

ざっくりとした全体像の把握ができたら、年明けから少しずつこの先の行動を具体化して行く予定です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate this page

カテゴリー

おススメのページ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。