サインバルタの効能と副作用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日からしばらくメンタルヘルス不調のお話です。

私は抑うつ状態が長く続き、精神障害者福祉手帳3級を取得することになった訳ですが、抑うつ状態の診断からは現時点で3年半となります。

 

ただその半年前に十二指腸潰瘍で会社を一ヶ月近く病欠する事態が発生していたことから、実はメンタルヘルス不調は4年前に発症していたと考えるのが正しいと思われます。

 

治療を開始してから3年半経過する訳ですが、紆余曲折を経た結果、現在も薬を服用し、障害者福祉手帳まで持つという状況に陥っているのが現状です。

 

その間ずっと継続して行われていたのが「ロケット処方」と言われる方法で、朝サインバルタを服用し、夜リフレックスを服用するというものです。

 

サインバルタは朝から夕方までの気力を持たせるための薬であり、リフレックスは夜リラックスして眠りを誘う薬のようです。

 

サインバルタは下のイメージのようなカプセル状の薬です。

IMG_3233

この薬は増量するのは簡単ですが、減量するのが難しいようです。

 

服用経験のある人のうちの一部の人にしかわからないけれど、薬を減量したり、断薬した際に「シャンビリ」という強烈な不快感が襲ってくるのです。これはうまく表現しがたいですが、顔に一瞬電気が走り、脳みそがプルンと揺れる感覚があるのです。

 

これはなんとも言えない気持ち悪さで、この副作用に耐えるのがとても大変なのです。

 

一方のリフレックスは下の写真のようなイメージの薬です。

IMG_3235

食用が増進されて太りやすくなるという副作用があるというウワサですが、真偽のほどは不明。

 

私としては、この薬を飲むと眠気が強くなるような気がしています…。

 

メンタルヘルス不調の薬は、辛い副作用を持つ薬が多いので、もし薬の副作用が辛いと感じたら主治医とすぐに連絡を取って相談すべきです。

 

勝手に薬を飲むのをやめたり、多量の服用をするととんでもない副作用や悪影響が出る恐れがあります。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate this page

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。